毎日一魚。庄助の昼飯、晩飯備忘録。

至福の秋田出張⑥

空港ゆきのバスの時間までの1時間15分、こちらのお店で。

DSCF9822.jpg

最初は

DSCF9824.jpg

お通し 左奥からタコ、セリともってのほかお浸し、塩辛
手前左から小鮎、新そばの実の味噌あえ、フグ

DSCF9825.jpg

酒ケース 一升瓶90本入り、これがあれば1日一升飲んでも3ヶ月大丈夫だ。(笑

DSCF9832_20121121155143.jpg

白魚とじゅんさいの貝焼き

DSCF9834_20121121155143.jpg

とろとろ

DSCF9837_20121121155142.jpg

雪の茅舎

DSCF9835_20121121155533.jpg

秋の自家製ガッコ6種盛り

DSCF9838_20121121155533.jpg

まんさくの花

DSCF9840_20121121155533.jpg

きりたんぽ

DSCF9844_20121121155532.jpg

秋田に来たら食べたいよね、そんなに美味しいものではないけれど、、比内地鶏いり。

DSCF9846_20121121155831.jpg

美酒の設計 すごい名前だ

DSCF9848_20121121155830.jpg

これなんて読むんだろう
ヘトー
山と雫だった。

DSCF9849_20121121155830.jpg

比内鶏の皮、セセリ、つくね

DSCF9852_20121121160051.jpg

手打ちそば

DSCF9853_20121121160051.jpg

なかなか美しい

DSCF9855_20121121160050.jpg


締めは古酒

DSCF9850_20121121155830.jpg DSCF9851_20121121155829.jpg
こちらのご主人、いい意味で存在感ががあり風格があった。

会計を済ませて、小走りにバス停へ。
発車2分前だった。^^;)

ご馳走様でした。
家にはシンデレラタイム前につけた。
スポンサーサイト
  1. 2012/11/30(金) 04:19:31|
  2. 晩飯ソト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ